読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予想通り不合理 -FXと機械学習と-

FXの自動売買や機械学習、その他勉強したことをシェアします

はてなブログの書き方 利用できる機能②

kapiparaです。

 

前回に引き続きはてなブログを書く際に利用できる機能についてです。

前回は「続きを読む」の機能を試して終了しました。「続きを読む」の機能は一度画面がリロードされてしまうためあまり使い勝手がよくないですね。。

 

引用

次は引用です。

f:id:kapipara18:20170507203615p:plain

 引用(いんよう、英語:citation, quotation)とは、広義には、他人の著作を自己の作品の なかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。

どこかから文章を引用していることを明示する際は利用するとわかりやすいですね。

 

目次

f:id:kapipara18:20170507203808p:plain

 

↓に目次を入れました。見出しをもとに目次が生成されました。

見出しをベースに全体を作成し、最初に目次を貼っておけばあとで見やすく作れますね。

 

脚注

f:id:kapipara18:20170507204144p:plain

↓に脚注を入れました。

*1

画面の一番下に脚注が飛びますね。便利ですが、画面の途中に脚注の説明を持ってきたい場合はどうするんでしょう。。

 

字体

f:id:kapipara18:20170507204224p:plain

字体は普通ですね。

それぞれ使うまでもないでしょう。

 

サイドバー:写真を投稿

f:id:kapipara18:20170507204336p:plain

画面の右側に出ているこれです。

今まで利用した画像はすべてはてなブログのサーバに保存され、再利用できるようになっているんですね。今は利用量が0%ですが、サーバが圧迫されてきたら掃除しなければならないんでしょうか。

 

サイドバー:カテゴリ

f:id:kapipara18:20170507204456p:plain

投稿する記事のカテゴリを決めることができます。

カテゴリを整理すると記事の整理が簡単になるので必ずつけるようにしています。

(複数つけることができるので、カテゴリというよりはタグですね)

 

サイドバー:編集オプション

f:id:kapipara18:20170507204623p:plain

投稿日時の予約や、カスタムURLを付けることができます。

毎日更新するためにあえて予約時間を付けて投稿したり、SEO(詳しくないですが)対策でいい感じのURLを設定したりするのでしょう。

 

サイドバー: Amazon商品紹介

f:id:kapipara18:20170507204840p:plain

そのままですね。

Amazonの商品を紹介できます。

最近本屋で読んで「おっ」と思った本を紹介しておきます。

財布はいますぐ捨てなさい

財布はいますぐ捨てなさい

 

サイドバー:追加

f:id:kapipara18:20170507205013p:plain

サイドバーに表示する 機能を追加できます。

いつか使うかもしれないので、「過去記事の引用」「Youtubeの引用」「楽天の商品紹介」を追加しました。

 

デフォルトで利用できる機能は以上です。

HTMLを勉強すればもっと拡張して利用することができるので、今後勉強してみたいと思います。

 

以上

 


 

 

 

 

 

*1:脚注を使ってみた